贖い 五十嵐貴久

五十嵐貴久先生ウィーク

五十嵐先生はTwitterをされていて、そこで宣伝部長に任命してもらったのでこれは宣伝しなければ!ということでしばらく五十嵐先生の作品を紹介していきます(勝手に)

【リカ誕生の物語】リバース 五十嵐貴久

今回の作品は贖い

内容(「BOOK」データベースより)

3つの「点」が繋がったとき、真実の「形」が浮かび上がる!東京、埼玉、愛知。日を違えて起きた殺人事件。巧みに姿を隠す犯人に捜査は膠着する。だが、ひとりの捜査員は気がついた―。これぞ、警察捜査小説!

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

五十嵐/貴久
1961年東京都生まれ。成蹊大学文学部卒。2001年『リカ』で第二回ホラーサスペンス大賞を受賞してデビュー。07年『シャーロック・ホームズと賢者の石』で第三〇回日本シャーロック・ホームズ大賞を受賞

あらすじ&感想(ネタバレあり)

リカシリーズも大好きですが、一番を選ぶとしたらこの作品かも!

東京で小学生の男の子の頭部の遺体が発見される。

埼玉では弟の面倒をよくみる中学生の優等生が殺される。

愛知では駐車場で少し目を離したすきに1才の赤ちゃんが連れ去られる。

全く関連性がないと思われる事件と、その合間に挟まれる大手商社に勤める60才の男性の規則正しい生活の描写。

警察以外に出てくる登場人物がその60才男性(稲葉)のみなので、多分この稲葉という男性が犯人なんだろうということは容易に想像ができるけど、その人物像はとても3人の子供を殺すようなイメージはなくてどう展開するの??思いながら読みました。

3つの事件を解決したのが星野という警察官。頭部のみを学校前に置くという猟奇性から捜査している他の警察官とは違い、先入観なしに捜査することで早期にこの男性が犯人であることに気づきます

この星野さんの観察眼がすごすぎて現実ではちょっとありえない感じなんだけど、逆に相棒の女性は先入観入りすぎ。「〇〇商事の人がこんな事件起こすわけないじゃないんですか!」と全く疑わないそれはそれでそこまで先入観入りすぎてる人いないでしょと思うんだけど、実際の警察官はこの女性に近い感じなのかもしれないな。

とにかく事件の概要も犯人もわかってるんだけど「なぜ殺したか」のみがわからず読む手がとまりませんでした。

ここからネタバレ

それぞれの被害者の父親が、かつて稲葉の子供を自殺に追いやったいじめをしていたことが犯行の動機。

父親は警察にいじめと断定させたところで、当時中学生の彼らが心から罪を償うとは到底思えなかったのでしょう。

息子がマンションから飛び降りたと分かった瞬間に、あえて自殺ではなく事故であるように偽装し、その後彼らが家族をもち愛する子供が生まれるまでひたすら待ち、その子供たちを殺すことで、自ら犯した罪により何の罪もない自分の子供を失うという絶望を与える。

そのためだけの20年。

息子の境遇に気づいていながら助けられなかった自分の罪を贖う20年でもあったのかも。

想像するのも怖いけど同じ子供を持つ親としては犯人の気持ちすごくわかる…。いじめによる自殺なんて相手に殺されたようなものだし、その犯人を憎む気持ち。そして直接犯人に復讐するのではなく、親だからこそ相手が親になりその愛するわが子を殺すことが一番ダメージを与えるということに気づいてしまうことも。

わかる。わかるけど。

でもでもやっぱりその子供には罪がないからなぁ。

彼もその辺の葛藤も含めての20年だったんだろうけど、それでもやっぱり実行せざるを得なかったんだなあ。

読んでいてとても苦しくなる小説でした。

構成がとても面白くて。それぞれの事件に担当する警察官や犯人の周辺の人物の描写もうまくて、これは映画化やドラマ化したら人気でるんじゃないかなー



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です