黒い家 貴志祐介

内容(「BOOK」データベースより)

若槻慎二は、生命保険会社の京都支社で保険金の支払い査定に忙殺されていた。ある日、顧客の家に呼び出され、期せずして子供の首吊り死体の第一発見者になってしまう。ほどなく死亡保険金が請求されるが、顧客の不審な態度から他殺を確信していた若槻は、独自調査に乗り出す。信じられない悪夢が待ち受けていることも知らずに…。恐怖の連続、桁外れのサスペンス。読者を未だ曾てない戦慄の境地へと導く衝撃のノンストップ長編。第4回日本ホラー小説大賞大賞受賞作。

ネタバレ&感想

GW中の読書。

再読。

保険会社で働く若槻慎二。ある日顧客に家に呼び出されてそこで子供の死体の発見者となる。明らかに怪しいがその日から顧客は毎日死亡保険金はまだ下りないのかとやってくる。警察は結局他殺ではないというが若槻は明らかに怪しいと感じ自分で調査に出る。

過去に読んだ時は怖いけどどこか現実味のないこわさでホラーに近い感じだったけど、今読むと現実にもこういう人いそうだなと思いそこが怖かったな。



2件のコメント

SECRET: 0
PASS:
わー
この本、あたしが本好きのきっかけになった本です!
読んだのは高校生くらいで、のほほんと暮らしてたあたしは、この本を読んで、人間って怖い!と衝撃を受けたのを今でも覚えてます。
ころりんさんの書評読んだら、また読みたくなりました。
もう捉え方変わったかなぁ。
てか、ころりんさん、書評家になれると思いますよー。
分析力がハンパないです(>_<)

SECRET: 0
PASS:
>asukaさん
ほ・・・ほ・・・ほめすぎです。
同じ本を読みかえすってことをあんまりしたことないんですが面白そうですよね。
あの時はわからなかった恋愛感情とか絶対ありそうだし、逆に失われた純粋な感情とかもありそう(涙)一度やってみたいです☆

asuka へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です