【小学1年生】息子が最近はまっている本を紹介します

小学1年生におすすめの本

小学1年生になると自分の好みで本を選んで来ます。

今回は息子が面白かったと言っていた本を紹介します

基本私は子供が読む本は必ず自分も読んで感想を共有できるようにしていますが、どれも大人が読んでも面白かったのでお勧めします

 エルマーのぼうけんシリーズ

 エルマーの冒険シリーズ

絵本から児童向けの本にステップアップした

最初の本です

 ぼくはめいたんていシリーズ

 私に似てるのか息子も推理小説が大好きなようす

こちらの本は1日で3冊くらいのペースで読んでいました

この本を読んでから読むのが早くなった気がします

ペンギンシリーズ

 ペンギンシリーズ

ペンギンたちの行動が面白い

ながいながいペンギンの話

 ペンギンの兄弟が冒険する話

 チョコレート戦争

名作!これを面白いと思えるほど成長したことが親としてはうれしい。

まとめ

子供に読んだ本の感想を聞くとまだまだうまく言葉にはできない様子

でも読む楽しさはわかってきたようです

毎回本の後ろに書いてある他の本の紹介をみて「これとこれとこれを次読みたい!」というようになりベッドに入ると読み聞かせなしで本を読み始める日も多くなりました。

一度読んだからとならず何度も何度も気に入った本は読むことでさらに本好きになってくれるといいなーっと思っています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です