【小学2年】2019年春 全国統一小学生テスト 結果が届きました


全国統一小学テスト

6月2日に受けた全国統一小学生テストの返却がありました。

今回は塾に直接取りにいかなければならないので憂鬱でしたが結果としては塾の先生の話を少しですが聞けて良かったです。

算数の結果

30分のテストで設問数が31題。

長く考える必要があるものもあり正確にかつ素早く解く必要がありましたが、うちの息子は途中の問題で躓いてしまい飛ばすことができずそのままタイムアウトになってしまいました。

その問題の正解数は3.5%ほぼ解けなくてもいい問題だったのですが解けていたので多分かなりの時間を使ったのだと思います。

でもこの難しい問題だということに気づき飛ばす力も受験等では必要だと思うのでこの辺は年齢を重ねてテストになれていってほしいなぁと思いました。

気になった箇所はこちら

計算問題。左から順番に足していくのではなく両端を先に足すと計算が簡単になるという問題。そんなこと思いつかなかったらしい。まぁそうだろうなぁ。

図形問題 立体図形の問題。これが結構難しい問題だったけど息子は正解していた。私より図形は強いんだろうな

後でみたら解けたのに~と悔しがっていたけど前述通り難しい問題を飛ばすというのも能力のうち。次に期待。

国語の結果

 国語はまさかの「しんりん」を「林森」だと思っていたという間違いがあり、おいおいとなりましたが、その後はほとんど間違いなく長文も解いていました

ただこれも読むのに時間を使いすぎて最後の問題まで解けず

気になった箇所はこちら

漢字 しんりん⇒林森 と間違い

丁寧語 丁寧語の問題を間違えてました普段丁寧語使うことないからなぁ。。。

長文はなんと1900字の物語。よく時間内に読めたなぁと思いました。

2教科の偏差値等

ぼかしますが偏差値は57~63の間くらいでした。まぁ平凡。

順位は住んでいる県の受験者数が少ないためものすごくいい順位で本人は喜んでいましたが東京等で同じ偏差値の子は何人もいるので単にこれは住んでいる県が田舎でよかっただけです(笑)

塾での返却

今回は塾までテスト結果を取りに行く必要がありかなり憂鬱でした。

人見知りだし私。

しかも勝手に入塾テストも兼ねてます~とか書いてて憂鬱度アップ

でも結果は行ってよかったです。

入塾の勧誘はほとんどなかったのですが、塾のパンフレットや今後のカリキュラム内容が書かれた資料は頂きました。

塾にとりにいってよかった点
  • 入塾合格証用意されていてそれをみて息子のテンションが上がっていた。(ほぼ全員にでているのではないかと思われるが、子供的にはやはりうれしいようです)
  • 塾にいかずにこの点数はいいですよ~と褒めてもらえた(ママも単純)
  • 小3か小4から塾に行こうと考えていて行くならこの塾かなぁと漠然と考えていた塾があるのですが、その塾より今回受験した塾の方がカリキュラム的に高度だということを知ることができた

とりあえず学校とは違って満点がとれないテストにふれることは子供にとってもいい刺激になるんじゃないかなーと感じました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です