【記憶力をUPさせたい】記憶力日本一を5度獲った私の奇跡のメモ術 池田義博

今日の一冊

内容(「BOOK」データベースより)

メモで創造力、実行力UP。脳の力を圧倒的に上げる秘訣。

「BOOK」データベースより

著者について

グランドマスタージャパン代表。大学卒業後、大手通信機器メーカーにエンジニアとして入社。

その後、学習塾を経営。塾の教材のアイデアを探していたときに出合った記憶術に惹かれ学び始める。

このとき、記憶力を競う記憶力日本選手権大会の存在を知り出場を決意。独学での練習の末、初出場した2013年2月の大会で優勝し記憶力日本一となる。

その後、14年、15年と3連覇。17年、18年も優勝し、出場した5回すべて記憶力日本一に。

また、13年12月、ロンドンで開催された世界記憶力選手権において、日本人初の「記憶力のグランドマスター」の称号を獲得する。

感想

記憶力日本一に40代半ばから挑戦してなれたっていうところに勇気をもらえる。

短期記憶は圧倒的に若い方が有利だと考えるとこの人は本当すごいすごすぎる。

  • 創造力を必要とするメモは白紙に 記憶するためのメモは方眼メモがよい
  • 忘れないために人に説明するのはとてもよい

この二つは勉強するときに思い出そうと思います。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です